マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の作り直し

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は期間内でしたら、マウスピースを再作成することはできます。アライナーをなくした場合やアライナーに不備があった場合は作り直しを依頼します。

また、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)では治療計画通りに動かなったときに、再度シミュレーションを見直して追加アライナーという形でアライナーを作成することがあります。

シミュレーションでアライナーを最後まで終わったときに、あともう少しこうしたいという意見を反映させることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です