chiryou_main01

①相談・カウンセリング

はじめに、歯に関する悩みや問題点をお伺いします。
満足のいく治療結果を手にするためには、この段階での疑問や要望などをすべてクリアにすることが大切です。
お越し頂いた上で、他院と比較いただいても結構です。

②基本検査・治療方法の確認

当院はなるべく歯を抜かずに済む治療を行う方針です。
そのために、レントゲン写真、歯形などの資料を取り検査を進めます。

これらの資料を元に、それぞれの方に合う治療方針を決めていきます。

③治療計画

レントゲンや歯の模型などの検査結果をもとに「クリンチェック」と呼ばれる3Dコンピューター画像にて、治療開始から完了までのシミュレーションを行います。

インビザラインはクリンチェックを行って最終目標となるゴールまでの計画を立て、その計画に沿ってマウスピースを変えていくので、歯を動かす範囲が必要最小限で済み、動かさない歯への負担も軽減されます。また、治療中や治療後に修正・追加のフォローをすることもできます。

インビザラインでは、患者さまに合わせて、認定ドクターとアメリカのエンジニアが緻密で総合的な治療計画を検討し、オーダーメイドの治療計画を立てていきます。ワイヤーを使ったものや他のマウスピース矯正では、治療を手探りで進めるため、どうしても無駄が多くなりがちです。

④矯正治療(補助装置)

治療計画に同意後、補助装置を使用した治療に入ります。
補助装置の治療とは、例えば、顎の位置にずれがある場合、身体が快適となる本来の位置に誘導することです。この後、本格的治療に入ります。

本格的治療に入る前に、歯列を3Dデジタルで再現し、アライナーを作成します。このアライナーと呼ばれる透明なマウスピースで、歯を少しずつ移動させて綺麗な歯並びに整えていきます。

⑤矯正治療(本格的治療)

アライナーを装着したら、いよいよ本格的に治療開始です。月に一度くらいのペースで通院していただき、シミュレーション通りに歯が動いているか確認します。矯正終了までに1~3年程かかります。
→矯正治療事例にて、治療期間を紹介しております。

遠方よりお越しの患者様の場合は、6ヶ月~1年ごとの定期通院も視野に入れて治療計画を立てます。

invisalign_img02
⑥再評価
定期的に再評価を行い、歯並びを変えていく動的治療を延長するか、歯の並びを保定する静的治療へ移行するかの判断をします。

⑦保定期間

動的治療の終了後は、リテーナーと呼ばれる保定装置によるメンテナンス期間に入ります。最初の3ヶ月から半年にかけては、1日中装着していただきますが、その後は就寝時のみ使用となります。就寝時使用中でも、できる限り長時間使っていただくことが望ましいです。期間の目処は、治療に要した時間の2倍です。

invisalign_img03

KDCグループ

K.D.C.グループは、池袋と所沢で矯正治療を中心に、歯の治療を行っている歯科医院のグループです。
所沢にある、まつおか矯正歯科クリニックは2006年からインビザラインという最新の治療を日本で初めて導入したクリニックです。成長期の床矯正とインビザライン矯正治療を中心とした矯正治療を行っています。所沢駅から徒歩で5分の立地にあるので、西武池袋線・新宿線の沿線(狭山、入間、飯能、東村山、清瀬、川越など)からお越しいただいております。
神谷デンタルクリニック 池袋医院は2015年7月にオープンしました。見えない矯正(インビザライン)を用いた矯正治療を中心とした治療を行っています。神谷デンタルクリニック 池袋医院では矯正治療だけでなく、一般歯科・審美歯科の治療も行っています。