ホワイトニングとは?

広い意味では歯の表面の汚れを落とすことをホワイトニングとあらわすことがあります。市販の歯磨き粉に表示されている、ホワイトニング効果とは歯の表面の汚れを落とすことです。歯科医院では歯のクリーニングといいます。
歯科医院ではに歯の中に沈着している色素を分解することをホワイトニングと言います。これは、歯科医院で薬剤などを使い、色素分解していきます。歯科医院で行うだけでなく、マウスピースにジェルを自分で入れて、自分で管理して行うタイプもあります。

ホームホワイトニング

自宅などでマウスピースにジェルを入れて自分で口の中に入れて、一定時間そのままの状態で待ちます。
個人で管理するので使用できる薬剤は、安全性の高い低濃度のものになります。主に過酸化尿素を使用します。過酸化尿素は分解されて過酸化水素になり、漂白効果を発揮します。

オフィスホワイトニング

歯科医院で、主に歯科衛生士によって行われるホワイトニングをオフィスホワイトニングと言います。濃度の高い過酸化水素と光照射にによって短時間で高いホワイトニング効果が期待できます。
ホームホワイトニングでは深層までじっくりとホワイトニングしていくのに対して、オフィスホワイトニングは表層を短時間で白くするようなイメージだと思ってください。
最近では過酸化水素の濃度を下げることで歯に刺激を少なくするオフィスホワイトニングも増えています。ポリリン酸ホワイトニングやオゾンホワイトニングなどがあります。

インビザラインとホワイトニング

インビザライン治療中にホワイトニングが適しているかというとむずかしいところです。できないというわけではありませんが、お勧めをするということにはなりません。それはインビザライン治療では多くの場合、アタッチメント(白いポッチ)が歯の表面に付くからです。アタッチメントの部分はホワイトニング効果が他の部分より低くなるので、どうしても色むらの原因になります。
なので、インビザライン治療をするときにホワイトニングをしたいのなら、型取りからアライナーが完成するまでの1~2ヶ月を利用するのもいいでょう。インビザライン治療が終了して、アタッチメントがすべてはずれて、保定装置(ビベラなどのマウスピース)になってから始めるのもいいと思います。
インビザライン治療中は、多くの時間においてアライナーが歯を覆っているので、色がわかりにくいです。インビザライン治療中は歯を動かすことを第一に考えてみるもの大切です。

KDCグループ

K.D.C.グループは、池袋と所沢で矯正治療を中心に、歯の治療を行っている歯科医院のグループです。
所沢にある、まつおか矯正歯科クリニックは2006年からインビザラインという最新の治療を日本で初めて導入したクリニックです。成長期の床矯正とインビザライン矯正治療を中心とした矯正治療を行っています。所沢駅から徒歩で5分の立地にあるので、西武池袋線・新宿線の沿線(狭山、入間、飯能、東村山、清瀬、川越など)からお越しいただいております。
神谷デンタルクリニック 池袋医院は2015年7月にオープンしました。見えない矯正(インビザライン)を用いた矯正治療を中心とした治療を行っています。神谷デンタルクリニック 池袋医院では矯正治療だけでなく、一般歯科・審美歯科の治療も行っています。