叢生(そうせい)とは?

乱杭(らんぐい)歯やガチャ歯とも呼ばれます。前から見て、歯並びが悪いなと感じる状態です。八重歯(犬歯)が張り出して、横向きになることもあります。
また、歯の並ぶスペースがないときに側切歯(真中から2番目の歯)が後ろに隠れて生えることがあります。歯が2列に並んでいるような状態です。

叢生の原因

叢生が起きる原因は、歯と顎の大きさのバランスが悪いときに起きます。顎の大きさよりも歯が大きければ、きれいに歯が並ぶことができません。スペースが足りないときは歯が重なり合うように並んでしまいます。
顎の大きさと歯の大きさのアンバランス以外にも、叢生になる原因はあります。乳歯から永久歯に生え変わる過程で、乳歯の抜ける時期が本来よりも早まると、永久歯の生えてくるスペースが十分に確保されず、叢生となることがあります。乳歯をぶつけたり、乳歯が虫歯になると抜かなければいけなくなることがあります。歯が生えるスペースを確保するためにも乳歯の脱落の時期は大切です。

叢生をそのままにするリスク

歯並びが悪く、デコボコが多いので歯磨きがしづらいです。そのため、磨き残しが起きやすいです。磨き残しは虫歯や歯周病の原因になります。歯を長期的に残していくために、虫歯や歯周病を抑えることは大切です。
また、歯並びが悪いと前歯で噛み切る、奥歯で咀嚼する効率が悪くなります。よく咬むことは消化を助け、しっかりと栄養を摂取することにつながります。成長期では発育との関係もあります。

叢生治療の例

インビザラインでは叢生歯でも、しっかりと歯を動かすことができます。インビザラインの素材が粘弾性の性質を持っているからです。現在使用されているスマートトラックという素材は、従来のアライナーよりは適合がよく、叢生歯にもしっかりとフィットするようにできています。
この粘弾性で適合がよいことにより、歯を動かす範囲に幅ができました。奥歯を後方に動かしたり、顎の横幅を拡げたりすることもできます。奥歯を後方に動かしたり、顎の横幅を拡げることで前歯を並べるスペースを作ることができます。そのため、叢生歯で歯を並べるスペースが少ないときでも、歯を抜かずに矯正できることが多くなりました。しかし、顎の大きさが小さく、歯を並べるスペースがないときは歯を抜くこともあります。

治療前

治療後

 

抜歯なしで、飛び出ていた歯が綺麗に並びました。
当然、口元がさがることもなくほうれい線の心配もありません。

  • 治療期間:2年7ヶ月
  • 総額:86万円

KDCグループ

K.D.C.グループは、池袋と所沢で矯正治療を中心に、歯の治療を行っている歯科医院のグループです。
所沢にある、まつおか矯正歯科クリニックは2006年からインビザラインという最新の治療を日本で初めて導入したクリニックです。成長期の床矯正とインビザライン矯正治療を中心とした矯正治療を行っています。所沢駅から徒歩で5分の立地にあるので、西武池袋線・新宿線の沿線(狭山、入間、飯能、東村山、清瀬、川越など)からお越しいただいております。
神谷デンタルクリニック 池袋医院は2015年7月にオープンしました。見えない矯正(インビザライン)を用いた矯正治療を中心とした治療を行っています。神谷デンタルクリニック 池袋医院では矯正治療だけでなく、一般歯科・審美歯科の治療も行っています。