KDCグループ代表 神谷規明が「スーパードクター」に出演いたしました

当グループ代表でインビザラインダイヤモンドプロバイダーの神谷規明がTOKYO MX TV(9ch)の「スーパードクター」という番組で「インビザラインの可能性と問題点」の取材を受け、番組に出演いたしました。
見どころは 6’33 からの「なぜ患者はインビザラインを選択するのか」と 8’25 の「インビザラインの問題点」です。

KDCグループ代表 神谷規明が「ビジネスフラッシュ 2nd Stage」に出演いたしました

チバテレビ「ビジネスフラッシュ 2nd Stage」に所沢にある、まつおか矯正歯科クリニック 神谷医院を本院とするKDCグループ代表、神谷規明が出演いたしました。

あなたから笑顔を奪いません

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)は、マウスピース矯正で唯一、多くの特許を取得しています。
従来のワイヤーを使った矯正と比べて、透明なマウスピースを使う見えないタイプの矯正装置です。。また、金属を使わないので身体にも優しい治療法です。目立つ矯正治療をしたくないと考えている方にぴったりで、キャビンアテンダント、アナウンサー、俳優など、人前に立つことを職業としている方から支持されています。人前で堂々と笑うことができます。

どのくらい見えないのか?

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)は日常生活でほとんど目立ちません。 会話をしていても、自分から矯正していることを相手に伝えない限り、まず矯正していることはバレません。
実際に装着しているところを動画でご確認ください。ほとんど違和感はないのではないかと思います。注意して見れば、歯に光沢があることがみえるかもしれません。

また、笑ったときに歯を動かすために取り付ける白いポッチ(アタッチメント)が見えなくもないですが、それほど注意して相手の歯を観察する人はいませんので、周りの人から見えない矯正と考えて良いと思います。

 

矯正している写真(正面)

矯正している写真(横顔)

アライナーを外した写真

ほかにも、こんな特徴が!

痛みが少ない治療法です

歯列矯正は、食事ができないほど痛いと聞いたことがあるかもしれませんが、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)は、その痛みを最小限に抑えることができる痛みの少ない治療法です。
マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)は、マウスピースを最初に10~50個(数に制限はありません)作成し、それを順番に歯にはめて矯正していくのですが、一つのマウスピースで歯を動かす距離は、たった0.15mm~0.2mmとごくわずかです。

ワイヤーを使った場合、約0.3mmを一回の調整で動かしますので、痛みが大きくなりがちです。また、大きく動かす場合は歯に負担がかかってしまうため、歯根が短くなってしまうことがあります。マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)では、こういった現象はほとんど見られません。

煩わしくありません

従来の矯正治療の際に取り付けるワイヤーは、とても煩わしいものです。食事の際に食べ物が絡みついたり、歯磨きが難しくなって虫歯になってしまったり、口や舌に当たって話しにくかったり、いろんなことが気になってしまいます。
マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)なら、そんな煩わしさがありません。 取り外しができるので、食事や歯磨きの時は外すことができます。いつもと同じように食事も歯磨きもできます。

付けているときも、ほとんど意識することがありません。厚さたったの0.5mmのマウスピースですので、舌に当たって話しにくかったり、口内炎になったりする心配がありません。

はじめは違和感があるかもしれませんが、次第に慣れて気にならなくなります。

身体にやさしい治療 ー金属アレルギーの方にも!?

身体への負担は、従来の矯正治療に比べて小さいです。
金属を使用していないので、舌や粘膜を傷つけることや口内炎になるリスクがほとんどありません。また、金属アレルギーの方にも安心です。

ワイヤーで歯を動かす場合、動かす隣の歯に大きな負担がかかりますが、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)では歯全体で力を受けるので歯へのダメージが少なくなります。

さらに、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)では、コンピュータシミュレーションによって、歯を動かし方を事前に計算して最小限にとどめます。医師の経験によって歯の動かし方を決めていた従来の治療法と異なり、決して無駄に歯を動かして身体にダメージを与えることがありません。

シミュレーションによる計測は、それまで実際に治療した歯の動きを参考に、データが更新され続けています。マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)はこれまで、世界で500万件もの症例をデータとして蓄積しており、計測の確実性は高いといわれています。

コンピュータシミュレーションは、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)だからこそできる、画期的な治療法です。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)の治療例

叢生(デコボコの歯)

乱杭(らんぐい)歯やガチャ歯とも呼ばれます。前から見て、歯並びが悪いなと感じる状態です。八重歯(犬歯)が張り出して、横向きになることもあります。

出っ歯

日常でもよく耳にする表現だと思います。実際、どういう状態かというと上の前歯が下の前歯より大きく飛び出した状態です。上の歯と下の歯があたらないくらい突出していることもあります。

開咬(オープンバイト)

奥歯で噛んでいるが、前歯では噛まない状態を開咬と言います。つまり、「開いて咬む」から開咬と表現します。オープンバイトと表現することもあります。

過蓋咬合(ディープバイト)

前から見たときに下の前歯が隠れるような咬み合わせを過蓋咬合と言います。程度の差もありますが、まったく下の前歯が見えないくらいに深いかみ合わせになっているときもあります。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)とホワイトニング

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)中にホワイトニングが適しているかというとむずかしいところです。できないというわけではありませんが、お勧めをするということにはなりません。それはマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)では多くの場合、アタッチメント(白いポッチ)が歯の表面に付くからです。アタッチメントの部分はホワイトニング効果が他の部分より低くなるので、どうしても色むらの原因になります。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)で抜歯矯正ができる理由

今まで、マウスピース型の矯正装置は抜歯矯正には不向きとされていました。それは歯を前後の方向に動かすことには不向きだったからです。しかし、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)では多くの症例に適応できます。
現在のアライナーはポリウレタンから作られた、スマートトラックという素材でできています。従来のアライナーの素材より粘弾性があり、歯との適合が良くなりました。この粘弾性の材料により、歯を前後的により動かせるようになりました。なので、抜歯をしたスペースを埋めるように歯を動かすことを可能にしています。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)はこんな人におすすめです

ワイヤーが目立つのが嫌だなあと考えている方

orthodontics046

ワイヤーが目立つ矯正はできれば避けたいと考えている全ての方におすすめします。 特に、アナウンサーや俳優など、ワイヤーが目立つ矯正ができない職業の方にも自信を持っておすすめします。

身体の負担を少なくしたいと考えている方

tongue-trouble011_caption

インビザラインは、ワイヤーの煩わしさがありません。 痛みを少なくしたい、口内炎が気になる方におすすめです。

金属アレルギーの方

502322

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)は、金属を使わないため金属アレルギーの方でも治療することができます。

妊娠中の方

family02

妊娠中はホルモンバランスの変化などにより口内の健康状態が悪化し虫歯になりやすいと言われ、矯正治療には細心の注意が必要です。取り外し可能なマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)は、つわりがひどい場合や歯磨きの際は外すことができるので、妊婦さんの身体に負担が少なく、衛生的に矯正治療を進めることができます。

重度の顎関節症、歯周病の方

periodontosis_mechanism02

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)では治療が難しい可能性があります。 まずは治療からはじめましょう。お問い合せください。

受け口や前歯にすきまのある方

child_hanarabi02

受け口や前歯にすきまのある方は、奥歯を酷使するため、将来奥歯を失うリスクが高くなっています。 矯正治療をおすすめしますが、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)はその有効な手段だと考えます。

その他の矯正治療との比較

ワイヤー矯正

orthodontics046

最も一般的な矯正法です。歯にブラケットを取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。日本でもっとも広く行われている点で安心です。ただし目立ってしまうのが難点です。

舌側矯正(裏側矯正)

orthodontics001

舌側にブラケットを取り付けるため、目立たない治療法です。しかし、舌側にブラケットがあるため違和感が強いです。また、歯を綺麗に並べることが難しく、治療期間が長くなる傾向があります。治療費も高くなる傾向にあります。(100~150万円程度)

マウスピース矯正

chiryou_img03

インビザライン以外にも透明なマウスピースを使った矯正治療があります。インビザラインと同様に目立ちません。抜歯が必要ない比較的簡単な矯正治療に向いています。 1日16~20時間の装着が必要で、食事中は外さなければなりません。会食が多い方には不向きです。また、矯正をサボることができるので、サボるとその分矯正期間が長くなります。

見えないだけじゃない?まだまだあるマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)のメリット

通院回数が少ない、診察時間が短い

従来の矯正治療のように、毎月のワイヤーの調整が必要ないため、2ヶ月に一度の通院で済みます。その分、診察費用が安くなります。希望であれば、半年や一年に一度の通院で治療計画を立てることも可能です。
また、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)はワイヤーの調整の時間が必要ありませんので、一回の診察時間が短くなります。最初の検査や前処置が終わると、診察は15分ほどで済みます。

どの段階にいるかがわかるので心理的に楽

どの段階にいるかがわかるので心理的に楽
マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)は、最初に全てのマウスピースを作成してしまいますので、今自分の矯正がどの段階にあるのかがわかります。そのため、いつまでも矯正が終わらないと感じるような不安がなく、心理的に楽です。

矯正の痛みに耐える辛さが、永遠に終わらないのではないかと思うとうんざりするのですが、着実に矯正が進んでいっているのがわかるので、がんばれます。

知り合いの中でいつまでも矯正が終わらなくて困っているという話を聞いたことがあるかもしれませんが、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)ではそのような不安はありませんし、最短の時間で矯正を終わらせることができます。

マウスピースは、1週間で交換します。作成するマウスピースの数は10~50個で、矯正期間はおおよそ1年から2年です。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)のデメリットは?

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)のデメリットはほとんど見当たりません。非常に優秀なワイヤー矯正の歯科医と同じ事ができます。
しかし、デメリットをあげるとすれば、サボれるというのはデメリットです。特に、子どもの場合、面倒くさがって装着を怠る可能性があります。サボらないように、親と医院で協力して子どもをサポートしていかなければなりません。

また、マウスピース装着中に食事ができないことです。食事のたびに脱着しなければなりません。また、色のついた飲み物は飲めません。透明なマウスピースに溜まってしまって、歯に色がついたように見えます。

歯磨きの時に、マウスピース自体の洗浄も必要です。

なぜ、こんなに良いことばかりなのにみんな知らないのか?

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)は見えない、痛みが少ない、ケアが簡単で身体に優しい画期的な治療法です。 非常に優れた矯正治療の方法であるにも関わらず、まだあまり知られていません。なぜまだ知らない人が多いのでしょうか?
実は、マウスピース矯正が日本で始まったばかりのとき、まだ技術が不完全で、歯科医の間で歯があまり動かないのではないかと思われました。実際に、歯の動きが鈍いことが多く、簡単な症例には適していても、歯並びが厳しいケースなど適応できない症例が多かったのです。

しかし、現在では技術が進歩し、250万件に及ぶ診療データが蓄積され、マウスピースに使用される素材も格段に良くなっており、当時の問題はほとんど改善されています。

ところが、このようにしっかりと技術が改善されているという事情が、歯科医の間にまだあまり広がっていないのです。とても残念なことです。

しかし、優れた治療法であることには変わりありませんから、今後一般的な治療法として広がっていくものと思われます。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)・矯正費用は?

時間帯指定割引
10%割引
平日17~19時と土曜以外の時間帯で適応
※2018年10月1日以降に矯正治療成約(矯正診断票にサイン)をいただいた方のみ対象
※それ以前にご成約いただいた方で対象となる方への返金は、申し訳ありませんがございません。
インビザライン プチ(iGoシステム)
30万円
限定的なインビザライン治療
インビザラインのみ
90万円
インビザラインの治療から始める方です。
iGo+インビザライン
100万円(30万円+70万円)
リトライ矯正

他の医院からの転院※1もしくは再治療を希望される患者様向けの矯正になります。

a.60万円
他の医院で治療中もしくは治療済みの患者様が対象となります。
ワイヤー矯正、インビザライン※2どちらの矯正でもかまいません。

b.70万円
準備矯正もしくは部分矯正が完了した場合

拡大床+インビザライン
90万円(20万円+70万円)
拡大床の適応は主に7~12歳
拡大床+iGo+インビザライン
110万円(20万円+30万円+60万円)
拡大床の適応は主に7~12歳

※1転院について
KDCグループ関連院からの転院
再治療・インビザラインの治療途中転院の場合:20万円負担
一期途中の転院場合:費用負担なし
二期からの場合:費用発生あり
他の医院からの転院
リトライ矯正が適用されます。

※2インビザラインの治療中の場合
インビザラインドクター転院手続き完了し、その有効期限内の治療に限る場合は20万円返金いたします。
(期限を過ぎた場合や、過ぎることが予測される場合は、返金無し)

総額:診断、毎回のチェック費用、保定上下1個ずつまで
装置の破損・紛失、歯の萌出による作成は別途1万円(1つにつき)

KDCグループ

K.D.C.グループは、池袋と所沢で矯正治療を中心に、歯の治療を行っている歯科医院のグループです。
所沢にある、まつおか矯正歯科クリニックは2006年からマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)という治療を導入したクリニックです。成長期の床矯正とマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)を中心とした矯正治療を行っています。所沢駅から徒歩で5分の立地にあるので、西武池袋線・新宿線の沿線(狭山、入間、飯能、東村山、清瀬、川越など)からお越しいただいております。
神谷デンタルクリニック 池袋医院は2015年7月にオープンしました。見えない矯正(マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外))を用いた矯正治療を中心とした治療を行っています。神谷デンタルクリニック 池袋医院では矯正治療だけでなく、一般歯科・審美歯科の治療も行っています。