タバコと歯周病

  

タバコには多くの有害物質が含まれています。
有害物質の中でも、ニコチン、タール、一酸化炭素は3大有害物質とされています。
3大有害物質と歯周病の関係を見ていきましょう

ニコチン
ニコチンには強力な血管収縮作用があります。
そのため、歯肉に炎症があったとしても出血が抑えられてしまいます。
歯周病が悪化しても、自覚症状が少ないので治療が遅れることになります。

tobacco003
タール
歯の表面を黒くするヤニの原因です。
歯の表面にタールが付着すると、その上に歯垢や歯石が付きやすくなります。
結果として、細菌を繁殖させる原因になるので歯周病を悪化させます。

nicotine_nonsmoker-explanation
一酸化炭素
ヘモグロビンと結合することで、酸素運搬能力を低下させます。
全身的な酸素欠乏状態が起き、免疫力の低下を引き起こします。
結果として、歯周病の悪化を招きます。