インビザラインの適応症は?

インビザラインは現在、ほぼすべての矯正治療に適応されます。歯のデコボコ(叢生)が強いケース、前歯の開いた状態(開咬)、前歯の咬み合わせが深いケース(ディープバイト)など様々な症例で治療が可能になっています。

インビザラインはシミュレーションで設計された細かな動きで、歯を適切に動かすことができます。シミュレーションの設計によって今まで、難しかった歯の動きに対応することができます。適応症の幅も広くなっています。