見た目は収入に大きく影響している?

テキサス大学のダニエル・S・ハマーメッシュ教授は、
見た目が大きく収入に関係していることを統計的手法で明らかにしました。

kdc-img02

研究では、見た目を5段階に分類し、
1点:醜悪、2点:平均以下、3点:平均的、4点:平均以上、5点:ハンサム・美人
に分類し、それぞれの収入がどのようになっているかを調査しました。

その結果、平均より下(2点または1点)の容姿の人は平均的な容姿の人(3点)よりも、
女性で−4%、男性で-13%収入が少ないことがわかりました。
また、平均より上(4点または5点)の人は平均的な容姿の人(3点)よりも、女性で8%、男性で4%収入が高いこともわかりました。
つまり、平均より下の人(2点または1点)の人は、女性で-12%、男性で-17%も生涯賃金が低いことがわかります。

男性の大卒の生涯賃金は2億8000万円が平均ですから、4760万円もの差になります。
4760万円という金額は、とても大きな金額でパッとどんなお金かわからないと思うんですが、定年するまでの間、毎月約10万円ずつ収入に差がつくことになります。
これだけのお金があれば、都心のマンションや、地方で一戸建ての住宅が土地付きで購入できてしまう額ですから、人生を大きく変えるだけのインパクトがあります。

ちなみに、この統計では、単純に見た目と収入を比較したものではなく、出身地や教育レベルなど、見た目以外に収入に関わる要素を排除しています。
ですので、単純に見た目だけでこれだけ収入に差がつくことを説明した内容になっています。
といって、見た目だけで収入や人生が決まるわけではありません。
見た目以上に収入に影響する要因として、知性が挙げられます。
頭の良い人は、それだけ収入が高くなりますから、学生時代にしっかりと勉強して頭をトレーニングした方が良いのは間違いありません。

それでもやっぱり見た目を無視するわけにはいきません。
17%という数字は決して小さなものではないからです。

kdc-img03

1つ目の理由は、就活の大きな武器になるからです。

国際的に活躍したい学生さん、外国人を相手に仕事をしたいと考えている学生さんには、 特にオススメしたいと思います。アメリカや海外では、歯の管理ができているかどうかが自己管理ができる人間かどうかを判断する指標になっています。
歯に汚れがないか、歯並びがきれいかどうかは、髭剃りや爪の管理と同じく大切なマナーなんです。

よく考えてみれば、日本では無精髭については注意が払われていますが、歯並びについては驚くほど無関心です。そんなわけで、日本人は歯並びに気を使いませんから、海外では、「日本人は歯並びが悪い」というのが常識になりつつあります。

そんな事情がありますから、日本人で矯正をしておけば、ライバルと差をつける事ができます。
特にグローバルな仕事がしたいと考えている学生さんには、就活までにぜひ矯正を検討してもらいたいなと思います。

それから外国の方と仕事をするつもりはなくても、国際的なイベントはこれからたくさん開催されていきますし、日本に訪れる外国人の数はどんどん増えて、ますますグローバル化していきます。

このグラフは訪日外国人の数を示したものですが、2011年には622万人だった訪日外国人が2014年には倍以上の1341万人に達しています。 この数字は増えることはあっても、大きく減ることは考えにくい状況ですから、外国の方とお付き合いすることはこれから全ての日本人に出てくるだろうと思い ます。

それに、これだけ多くの外国人が訪れるようになれば、日本人が国際的な歯並びの感覚を持つようになるのも、そんなに遠い未来の話ではないだろうと思います。
グローバル化に合わせて、英語ができるようになることと、歯並びの感覚が一緒に必要になるんじゃないかと思っています。

もちろん、今の日本でも歯並びがきれいな方が印象が良いことは間違いがなく、就活で武器になると思います。就職という、人生にとっても最も大きな進路選択を少しでも有利に進めるために、就活を始めるまでに矯正を終わらせておきましょう。
そして、笑顔に自信を持って、夢の進路を切り拓いてください。

kdc-img05

理由の2つ目は、歯並びは一生の財産だからです。

どうせ矯正をしてきれいな歯並びを手に入れるなら、早ければ早いほどいいに決まっています。
一度矯正してしまえば、後の人生は美しい歯並びのままで一生生活をすることができるからです。
歯並びがきれいになると、笑顔に自信が持てて、さわやかな印象を相手に与えられるのはもちろんですが、きれいな歯並びが歯の健康に良いことも忘れてはいけません。矯正治療は最高の予防法です。

きれいに並んだ歯は歯磨きなどお手入れがしやすく、矯正は虫歯、口臭、歯周病の最高の予防法です。
健康な歯で長く過ごせることは、クオリティー オブ ライフを上げるために、とくに年齢を重ねてから大きな差になります。
ですから、社会人になってからの矯正ももちろん遅くないのですが、できるだけ早く、しかも気軽に始められる学生の間に矯正を済ませておいてもらうのがベストだと考えています。
きれいな歯並びという財産を、 少しでも長く自分の人生に有効に活用してほしいと思っています。

kdc-img07

理由の3つ目は、学生生活の邪魔をしないということです。

矯正のワイヤーは鬱陶しいですし、見た目にもあまり良い印象を与えません。
あのワイヤーの見た目が嫌で、矯正を敬遠する学生さんは大勢います。
学生時代は、人生の中でももっとも多感な時期ですから、あまり目立つ矯正をしたくないと思うのは、とても自然な感情だと思います。

でも、K.D.C.グループが得意としているインビザラインならその心配はありません。
透明なマウスピースで矯正をするので、ほとんど目立ちません。
目立つ矯正をしたくないと思う学生さんにぴったりだと思います。

また、矯正には約1年〜3年と、長い期間が必要です。
就職活動が始まるまでに矯正が終わらない可能性も十分あります。
でも、インビザラインはほとんど見えないですから、証明写真や面接の印象が悪くなることもありません。
インビザラインの矯正なら、いつでも気軽に始めることができます。

インビザラインのデメリットを挙げるとすれば、マウスピースを1日20時間以上装着する必要があることです。マウスピースは食事中は外しておかなけ ればいけないので、毎日飲み歩くなどして食生活が乱れると、20時間の装着が守れず予定通りに歯が動いてくれません。その点は、少し面倒です。
でも、逆に考えれば、規則正しい生活を送ろうというモチベーションに繋がって、美容や健康にとってもいいと思います。

KDCグループ

K.D.C.グループは、池袋と所沢で矯正治療を中心に、歯の治療を行っている歯科医院のグループです。
所沢にある、まつおか矯正歯科クリニックは2006年からインビザラインという最新の治療を日本で初めて導入したクリニックです。成長期の床矯正とインビザライン矯正治療を中心とした矯正治療を行っています。所沢駅から徒歩で5分の立地にあるので、西武池袋線・新宿線の沿線(狭山、入間、飯能、東村山、清瀬、川越など)からお越しいただいております。
神谷デンタルクリニック 池袋医院は2015年7月にオープンしました。見えない矯正(インビザライン)を用いた矯正治療を中心とした治療を行っています。神谷デンタルクリニック 池袋医院では矯正治療だけでなく、一般歯科・審美歯科の治療も行っています。