目立たない矯正?

目立たない矯正と聞いて、なんか違和感を感じませんか。

矯正歯科と言うと今でも、金属の装置を歯の表面についけるものという、先入観が強くないでしょうか。

今までは、矯正装置の選択肢が少なかったときはどうしても、目立つタイプの矯正装置が主流でした。

 

目立つタイプの矯正装置は、周囲の人にわかってしまうので抵抗がある方も多いと思われます。

特に社会人になってから矯正治療を始めるときに、あきらめる原因になります。

 

近年、目立たない矯正装置が利用されることが増えてきています。

ワイヤーの治療でも歯の表に装置をつけるのではなく、裏側につけるタイプのものもあります。

また、マウスピースタイプの治療も増えてきています。

これらの装置を使えば、目立たないで矯正治療を行うことができます。

 

確かに矯正装置によってメリット、デメリットはありますが、目立たないタイプの矯正も増えている傾向にあります。

今まで、矯正をあきらめていた方も、一度考えてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA