インビザライン治療で歯を削るってどういうこと?

インビザライン治療は多くの場合、歯と歯の間に隙間を作ることがあります。
これは、歯を動かすスペースを作るためです。

ただ、このときに歯を削る必要があります。
歯を削ることをIPRといいいます。

シミュレーション(クリンチェック)で正確に歯を削る量を設計します。
歯を削る量は概ね、コピー用紙1、2枚ほどです。
なので、歯のエナメル質(歯の表面の白い部分)の範囲内です。

このことによって、むし歯になりやすくなったり、しみたりすることはあまりないでしょう。
隙間ができたことで汚れが溜まりやすくなり、しっかり磨かないとむし歯になるリスクを高めることはあります。

歯と歯の間を少しずつ削ることで、合計すると数ミリのスペースを獲得することができます。
デコボコがある人でもこのスペースを使って歯を並べやすくできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA