インビザラインの欠点?

インビザラインに欠点はあるのか。
ワイヤー治療と比較しても多くの部分で差がなくなりました。

インビザラインの特徴であるシミュレーションにズレが、生じることが欠点として考えられます。
インビザラインのシミュレーションであるクリンチェックはあくまで、シミュレーションです。
精度はかなり向上してきていますが、必ずしもシミュレーション通りに動かないこともあります。

その場合、再度シミュレーションを作成し直す必要があります。
そのために、型を取り直し、アライナー作成までの時間が必要です。

インビザライン治療における欠点として上げるならば、シミュレーションの再作成における手間ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA