インビザラインのデメリットはなんですか?

デメリットとして、今まで、適応症がワイヤー矯正よりも限られている、治療期間が長くなるなどあげられることが多かったです。
近年、インビザラインの材料の改良やシミュレーション精度の向上などで、多くの部分で改善されてきました。
もし、歯を抜いて矯正をしなければならないときでも、治療できるようになりました。
今までデメリットとして考えれていことも、少なくなってきました。

ただ、インビザラインはクリンチェックというシミュレーションでコントロールされているので、シミュレーションと歯の動きにズレが生じると中断する必要が生じます。
そのときは、再度、型取りをしなければいけません。
どうしても、時間と手間がかかることになります。
このことがデメリットといえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA