インビザラインが非抜歯で治療できる理由②

インビザラインが非抜歯で治療できる理由の二つ目として、遠心移動があります。
遠心移動と言われても、どこを動かすのって感じですよね。

主に奥歯を後ろ方向に動かすことを遠心移動といいます。
遠心移動をすると奥歯が全体的に後ろに下がります。
そのことによって、前歯を並べるスペースを作ることができます。

奥歯が後ろに下がったので、前歯を下げることができます。
前歯を後ろに下げたい方には特に有効的です。

ただ、遠心移動は時間がかかる傾向があります。
遠心移動をインビザラインの治療計画に入れた場合、アライナーのステージ数も伸びる傾向にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA