インビザラインが非抜歯で治療できる理由①

インビザライン治療では非抜歯で治療できることが多くあります。
ワイヤー矯正ではできなかった、歯を並べるスペースを作ることができるからです。

歯を並べるスペースを作る方法にはいくつかあります。
今回はその中の1つ、側方拡大を説明して行きます。

顎の横幅が小さいと歯並びが悪くなることがあります。
円を考えてみてください。直径が小さいと円周は短くなります。
歯の並べるスペースも同じです。
顎の横幅が小さければ歯を並べるスペースも小さくなります。

インビザラインでは狭い横幅を拡げることができます。(側方拡大)
アライナーが内側から、外側へ押し広げるように力を加えます。
そのことによって、歯を並べるスペースを形成できます。

インビザラインが非抜歯で治療をできる理由の一つ目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA