インビザラインが、できない歯並びは?

インビザラインでできない矯正治療は現在、ほとんどなくってきました。
以前は、抜歯をしたケースや歯を動かす量が多いときに難しいこともありました。

今では、矯正治療に必要な歯の動きをインビザラインで行えるようになっています。
・歯を内側に傾斜させたり、外側に傾斜させたりする動き
・歯を前へ(口の方へ)後ろへ(耳の方へ)の動き
・歯を回転させるような動き
・倒れ込んでいるような歯を引き起こす動き
などなど 様々な動きに対応できるようになっています。

出っ歯、開咬、過蓋咬合、受け口、叢生の複雑な症例でもインビザラインで治療できるようになっています。
ワイヤー矯正や他の矯正器具に比べると動きにくい場合もありますが、適応症の範囲は確実に拡がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA