象牙質に色は付くの?

  

象牙質でもエナメル質と同じように外から侵入した色素が付くこともあります。
しかし、象牙質の色素は内側から起こるものが多いです。

代表的なものとして、薬によって内因的に着色することがあります。
テトラサイクリンという抗生物質を永久歯ができる途中で飲むと、象牙質に着色物質として沈着してしまいます。
歯が生えたあと、光が当たると次第に色が濃くなります。
なので、近年では小児期にテトラサイクリン系の抗生物質を投薬することはなくなっています。

ま7た、象牙質の色が濃くなる理由として加齢があります。
年を取ると象牙質の密度が増すからです。
色そのものは変わりませんが、見え方に違いが出るので、濃いように感じます。