床矯正装置の種類

  

拡大床
プラスティックの部分に側方に拡大するネジが入っています。
定期的にネジを回して、ゆっくりと側方に拡大していきます。
プラスティックの部分にはワイヤーも埋め込まれています。
このワイヤーで歯のデコボコを改善することもできます。

咬合挙上板
混合歯列期(乳歯が永久歯に生え変わる途中)に用います。
主に混合歯列期の過蓋咬合の治療に使用します。
口蓋の部分を厚くすることによって臼歯(奥歯)を挺出させ、前歯を圧下します。
このことによって、過蓋咬合を改善します。

咬合斜面板
咬合斜面板は過蓋咬合で、下顎の位置が後方にあるときに用います。
口蓋の部分を前にスライドするように傾斜させて作ります。
結果として下顎の位置が前方になるようにします。