床矯正のメリット

  

床矯正は乳歯が生え変わる間に行われることが多いです。
成長が止まってからの矯正をⅡ期矯正(本格矯正)とすると、床矯正はⅠ期矯正として位置付けられます。
床矯正をしておけば、Ⅱ期矯正の必要がなくなったり、Ⅱ期矯正の必要があったとしても抜歯の必要がなくなることがあります。

床矯正は就寝時だけでも効果があるので、食事のときや学校で付ける必要はありません。
日常生活での負担は少ないです。

固定式の装置と比べて床矯正装置は取り外し式なので歯を磨きやすいです。
そのため、虫歯になるリスクは低いです。