ラミネートベニアとは?

  

歯の色や形を少しだけ変えたいときに使う治療法です。
歯の表面(エナメル質)を数ミリだけ削り、シェル型のセラミックを歯の表面に貼ります。

テトラサイクリン歯のようにホワイトニングだけでは、歯の色が変わらないときに使うことがあります。
また、真ん中の歯と歯の間に隙間があって、すきっ歯になているときに使われます。

ラミネートベニヤを使うメリットは、歯を削る量が少ないことです。
色や形を変える治療法にクラウンがありますが、どうしても歯を多く削ることになります。