メタルボンドクラウンとは?

  

金属のフレームに陶材を盛り付けて作る被せ物です。
このときに使われる金属は、ゴールドを多く含んだ金属を使うことが多いです。

近年はジルコニアやe.maxのような白い被せ物も多く使われるようになり、白い被せ物はメタルボンドだけではなくなりました。それぞれにメリット、デメリットがあります。

メタルボンドクラウンのメリットは金属を使っているため、強度があることです。
ブリッジのケースなど強度を求められるときに向いています。

反対に、メタルボンドクラウンのデメリットは金属を使うため、アレルギーの問題があります。
また、メタルタトゥーといって、歯肉が変色することがあります。

最後は見ための質感が重要になるのではないでしょうか。
ジルコニア、e.max、メタルボンドはそれぞれ若干質感が違います。
患者さんの年齢や好みで使い分けるのが良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA