マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システ)のチューイー

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)を口腔内にセットすると少し浮いた状態になることがあります。特にアタッチメントがあったり、デコボコがある歯並びだとしっかりはまりきらないことも多いです。

このままでは十分な矯正力がかからずに、シミュレーション通りに動きません。アライナーがはまりきるようにシリコン製のロールやシートを使います。使い方はシリコン製のロールを挟んで咬むようにします。これでアライナーが最後まで押し込まれた状態になります。