ホワイトニングの種類

  

ホワイトニングといっても、いくつかの種類があります。
家で自分で行うものと、歯科医院で歯科医師または歯科衛生士が行うものがあります。
家庭で行うものと歯科医院で行うものを両方併用する場合もあります。

家で自分で行うものをホームホワイトニングといいます。
まず、歯科医院で自分専用のトレーを用意します。
家でトレーに薬剤を入れて自分で口の中に入れます。
このとき、使う薬剤は低濃度の過酸化水素または過酸化尿素です。

過酸化水素が低濃度になるのは安全性を重視するからです。
過酸化尿素で漂白されるの?と思われるかもしれませんが、
過酸化尿素は分解されて過酸化水素になります。結局、過酸化水素として働きます。

また、歯科医院で行なわれるホワイトニングをオフィスホワイトニングといいます。
歯科医院で行うため、ホームホワイトニングより濃度の高い過酸化水素を使います。
ホームホワイトニングより、効果が早めに実感できます。
光を当てることで、効果を高めることもあります。