ホワイトニングのメカニズム

  

歯が白く見えるようになるのは、2通りの理由があります。
1つ目は、着色物質を分解して色を取り除くことで歯のもとの白さを実現します。
2つ目は、歯の組織構造を変化させることで歯の白さを実現します。

エナメル質や象牙質についた色素を分解、除去することで歯の白さを実現するのは、過酸化水素で歯を漂白するのかを参考にしましょう。
活性酸素の働きが重要になるんでしたよね。

歯の組織構造が変わると白く見えるのはなぜでしょうか。
反射光や散乱光が増えると白く見えるようになります。
ホワイトニングでエナメル質の表層下が変化すると散乱光が増加し、エナメル質の表層に凹凸ができると反射光が増加します。
酸性のホワイトニング剤では、反射光と散乱光を利用して白さを実現しています。