ホワイトニングで知覚過敏は起こる?

  

ホワイトニング剤がエナメル質、エナメル質・象牙境、象牙質まで急速に浸透すると、歯髄刺激となります。
そのため、知覚過敏をおこします。

ホームホワイトニングよりオフィスホワイトニングの方が過酸化水素の濃度が高いので知覚過敏を起こすリスクが高いです。

また、液性がアルカリ性だとタンパク質分解作用が大きいので浸透度が高く、知覚過敏を起こしやすいと言われています。

ホームホワイトニングは漂白効果に時間がかかりますが、浸透度が遅いので知覚過敏を起こしにくというメリットがあります。