インビザライン矯正治療システム(マウスピース型矯正治療法の代表格)と キレイラインの違いについて(補足:hanaravi 矯正治療システムについて)

まず大きな違いは、キレイラインは主に前歯の歯並びを治療するマウスピース矯正治療システムで、インビザラインは前歯も奥歯も動かすことが可能であり、さらに歯並びだけではなく噛み合わせ(垂直的な動き)の改善も可能 という点です。

キレイラインという名前は最近よく聞きますが、この治療法自体は、かなり昔からあります。
ワイヤー矯正後の微調整や、ワイヤー矯正後に保定装置を使うことが出来ずに後戻りした場合などに用います。
ASO (矯正治療に関する技工専門の技工所)さんが出している ASOアライナー も、ほとんど同じものです。
歴史が長い分、デジタル化に対応したりしており、進化しているようです。
クリアアライナーやエシックスなど、様々な名前がありますが、矯正治療システムの内容は ほぼ同じです。

最初はマウスピースが少しきついのですが、歯が動いて馴染んでくるとマウスピースのきつさも無くなります。

具体的には、現状の歯型を取り、その歯型の模型の歯並びを少し動かした模型(セットアップ模型と言います)を作成し、それを元にマウスピースを作成します。
模型を手作業で作成するか、パソコン内でデジタルで作成するかで、治療の精度が少し変わります。
必要に応じて、歯と歯の間を、歯に影響が無い範囲で少し削ります(ディスキング と呼んだり、インビザラインでは IPR と呼びます)


キレイラインで少し治療した後、奥歯や前歯を さらに改善したい という方が、高額ですが実績のある インビザライン を選ばれるようです。

最近ではさらに、キレイラインと同じぐらい前歯を治療可能で、クリニックにほぼ通わずにマウスピース矯正治療が出来るシステム「Hanaravi」
https://www.hanaravi.jp/
というものも、出てきているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です