インビザライン矯正治療システム(マウスピース型矯正治療法の代表格)で、抜歯が必要な症例を治療可能か

矯正治療のご相談で、困惑される方が多くいらっしゃいます。

「この前に相談に行った歯医者さんで、歯を抜く必要がある場合、インビザラインでは治療出来ないと言われたのですが、、、こちら(神谷デンタルクリニック池袋医院)ではできると言われ、困惑してます」

結論から申し上げると、インビザライン矯正治療システムにて、抜歯矯正治療が可能です。

ただ、難易度が中程度からやや難しい部類に入るため、インビザライン矯正治療システムを導入したばかりの歯科医院であったり、経験が少ないと、インビザラインでは治療出来ない、となります。

それが悪い というわけではなく、その歯科医院ではインビザライン以外の素晴らしいシステムを他に導入している。使い慣れているシステムの方が当然結果も良いので、その歯科医院の勧めるシステムで矯正治療を受けるのが患者様にとってもその歯科医院にとっても 双方にとって良いこと となります。

KDC group(神谷デンタルクリニック池袋医院 / 上新井歯科・矯正歯科)は、Dr神谷が Wダイヤモンドプロバイダー(通常のダイヤモンドプロバイダーの2倍の症例を1年間で累積している)であり、通常の歯科医院では外科的な治療(抜歯ではなく、骨を切るなど。難症例)が必要と言われた場合でも、外科的な治療を回避するインビザライン矯正治療も積極的に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です