インビザラインは重度のケースでも大丈夫?

インビザラインは近年、かなりの症例まで適応されるようになっています。叢生、開咬、過蓋咬合などの様々なケースに適応できるようになっています。

しかし、歯のねじれが強い場合や歯が極端に倒れこんでいるときもあります。このようなときは、インビザラインでは動かすのが難しいときがあります。歯のねじれや倒れ込んだ歯を動かすことにはどうしても限界があります。一度、他の装置を使用することも方法の一つになります。