マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)のiprとは?

インビザラインについて調べると、歯を削るという情報を知ることがあると思います。インビザライン治療では歯を並べるスペースを作るときに、歯と歯の間を少し削ることがあります。削る量はコピー用紙で1~2枚程度で、歯に対する刺激は少ないです。しみたり、虫歯になるというリスクもあまりありません。

この歯を削ることをIPRといいます。InterProximal Reductionの略です。歯と歯の間を削るという意味です。IPRのことをストリッピングと表現されることもあります。

インビザラインシステムではIPRと表現されることが多いですが、他のマウスピース矯正ではストリッピングと言うことも多いです。