インビザラインのアタッチメントはいつまでつけるの?

インビザライン治療で用いられるアタッチメントは治療が終了するまでつけることが一般的です。アタッチメントには歯を動かす機能だけではなく、咬み合わせを整えたり、マウスピースとの適合を良くする働きもあります。

歯を積極的に動かすことが終わったあとも、アタッチメントは外さずにつけたままにしておきます。歯を動かす治療が完全に終わって、保定の段階に入るときにすべてのアタッチメントを外します。保定装置はアタッチメントのない状態で型を採って作成されます。