インビザラインでゴムを使う?

インビザラインでは治療の途中でゴムを使うことがあります。
ゴムを使うのかと不安に思う方もいるかもしれません。
外から見て目立つことはないので安心してください。

ゴムはどのようにかけるのか。
ゴムは歯の表面に突起をつけて、その突起どうしにゴムをかける場合とアライナーに切れ込みがあって、そこにゴムをかける場合があります。
ゴムは指にの上に乗るくらい、小さいので慣れるまではかけるのが難しく感じるかもしれません。

ゴムはどの位置にかけるのか。
主に奥歯と犬歯の後ろの歯にかけることが多いです。
かける組み合わせとして、上の犬歯の後ろの歯と下の奥歯の組み合わせや、上の奥歯と下の犬歯の後ろの歯の組み合わせなどがあります。
患者さんの状態によってかける位置は変わってきます。

ゴムをかけることで何の意味があるのか。
咬み合わせを良くしたり、顎の位置を動かすことで上の顎と下の顎の前後的関係を改善します。