インビザラインがあたって、舌が痛い!?

インビザラインは歯の部分を覆うプラスティック製の矯正装置です。
そのため、インビザラインの辺縁はちょうど舌や唇と触れることが多いです。

歯並びの状態によっては、歯と舌や唇が接近することもあります。
舌や唇は軟組織で柔らかいので、触れている部分が痛みを感じます。
長期間、痛みが続くと、口内炎のような状態になることもあります。

軟組織が炎症した状態は、よくないのでインビザラインの辺縁を調節します。
矯正力に問題がない程度に、辺縁を丸めて舌や唇と触れる部分を緩和します。

アライナーを交換して、数日すると着脱によってアライナーが開いてくることがあります。
これも、舌や唇に触れやすくなる原因になります。
開いてきたアライナーは指で絞るようにして、適合を良くすることで調整します。