矯正検査 パノラマ

歯科医院ではよく撮影されるレントゲンにパノラマX線があります。
頭の周りを撮影器具が一周して、撮影されます。

顔全体の撮影ができるので、左右の非対称性がよくわかります。
顎の関節まで撮影されているので、顎関節の状態もわかります。
顎の関節に異常があると、矯正治療が難しくなる傾向があります。
矯正の難易度を知る上でも重要な情報が得られます。

左右の同じ部位を比較できるので、大きさが違うと歯の萠出位置の以上も把握できます。
小さく見える歯は内側に、大き見える歯は頬側に生えています。

奥歯の咬み合わせを見ることもできます。
そのため、噛んだ状態で撮影することがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA