矯正は取り外し可能でもできるの?

歯の表面に金属を貼り付けてワイヤーをつけるという方法が、矯正治療だという先入観は今でも強いのではないでしょうか。

矯正治療はワイヤーをつけるだけがすべてではありません。

 

取り外しのできる矯正装置は、以前から存在していました。

入れ歯に似た装置で取り外しができるタイプのものです。

今でも、子どもの矯正などではよく使われています。

 

最近、増えてきているのはマウスピース型の矯正装置です。

マウスピースと聞くとスポーツのときに、はめてるやつかなというイメージで捉える方も多いのではないでしょうか。

 

歯が動くイメージがわきにくいかもしれませんが、マウスピースを付け替えていくだけでも十分に歯を動かすことができます。

マウスピース型矯正のなかでも、インビザラインは多くの症例で適応が可能となっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA