大人の矯正歯科

矯正治療は子どもがやるものと決めてませんか。
歯は何歳になっても動きます。
成長が止まっても、40・50代になっても矯正治療を受けることはできます。
思い立ったときが矯正治療の始めどきです。

でも、待てよ、この歳で、あの金属の装置はつけたくない。
痛いのは嫌だな。
学校や仕事があるのに大丈夫かな。

こんなことを考えませんか。
今では、矯正というと金属のワイヤーを歯の表面につけるのが一般的でした。
表側であっても、裏側であっても。

近年、ワイヤーの矯正だけでなく、マウスピースの矯正を増えてきました。
どこかで、見たこともあるのではないでしょうか。

ワイヤー矯正に比べて、目立つことはなく痛みも少ない装置になっています。
なので、大人になってからでも矯正を決意される方も増えています。

若い頃は歯並びが良かったのに、年をとってから前歯に隙間にができたのが気になる。
このような方にも、矯正治療はおすすめです。
前歯の隙間ができた原因が奥歯にある場合は、奥歯を治す必要がありますが、前歯の隙間を閉じるのに矯正医療は有効的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA