インビザラインの保定装置は?

矯正治療は歯を動かして、終わりではありません。
それは、インビザライン治療でも同じことです。

インビザライン治療が終わると、ビベラという保定装置を装着することが多いです、
ビベラはインビザラインを製造している会社で作る保定装置です。
インビザライン治療が終わった、最後のアライナーと同じ形で作ります。
より正確なものにするために、矯正終了後の最後の状態を光学印象で採得し、ビベラを作成することもあります。

ビベラはインビザラインよりも硬い素材でできています。
しっかりと歯を固定するためです。
使用時間は最初のうちはインビザラインと同様に20時間以上です。
状態が落ち着いてきたら、就寝中のみになります。
後戻りの防止のためにも、できるだけ長く使っていただくことが理想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA