インビザラインのアタッチメント(ポッチ)は何でできている?

インビザライン治療では多くの場合、アタッチメントが歯に付きます。
アッタチメントいっても何だというかんじですよね。

アタッチメントは歯の表面につける白いポッチのことです。
材料は歯に詰め物をするときに使うものと同じです。
なので、色が目立つということはあまりありません。

歯の白い詰め物はレジンというプラスッチク系の材料に強度のある材料を入れて構成されています。
アタッチメントを付けるときは歯に詰め物をするとき同じように接着させます。
接着の強度を増すために歯の表面を酸処理することがあります。
そのことによって、より強固に接着します。
矯正力をかけるとアタッチメントは外れることがあるので接着は重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA