インビザラインのアタッチメントは目立つ?

インビザラインではアタッチメントというポッチを歯の表面につけます。
アタッチメントは白い材料でつけます。
この材料は虫歯のときなどによく使われる材料と同じものでつけます。

インビザライン治療中は、1日20時間以上はマウスピースに覆われているので、あまり目立つことはないでしょう。
ただ、外したときにアタッチメントが唇に触れるのが気になることもあります。
人前で話すときだけアライナーを外して話したい方でも、周りの人がよく目を凝らして見なければ、気付かれないでしょう。

ご希望があれば、前歯の犬歯から犬歯まではアタッチメントつけないということもできます。
ただ、前歯を積極的に動かす場合はアタッチメントをつけることをお勧めすることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA