インビザラインとワイヤー矯正は比較するとどうなの?

ワイヤ-治療と比べて、インビザラインはどうなのかと質問される方は多くいらっしゃいます。
ワイヤー治療といっても、表側につけるものと裏側につけるものがあります。
インビザライン治療を検討される方は裏側にワイヤーをつけるものと迷われる方が多いです。

インビザラインと裏側のワイヤー矯正はどちらも目立たないという点では共通しています。

違和感はどちらが少ないかといえばインビザラインではないでしょうか。
舌が触れるところに装置が貼りつけられると違和感は大きいと思われます。
インビザラインは薄いマウスピースなので違和感は出にくい傾向にあります。

どちらが早く治るかいえば、一概には言えないです。
近年、インビザラインもワイヤー治療に近い期間で治療ができるようになっています。
しかし、ワイヤーと違って固定式でないので、患者さんの協力が得られないとやり直しになることもあります。
そのため、時間が延長することもあります。

費用面では裏側のワイヤー矯正は高額な傾向にあります。
インビザラインは、比較的費用は抑えられると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA