インビザライン クリンチェック

2016-11-20-23_12_11-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%93%e3%82%b6%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%97%87%e4%be%8b%e5%a4%9a%e6%95%b0-_-kdc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%80%80%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%83%bb
PVSまたは光学印象で正確な型取りをします。
そのデータをアメリカのアラインテクノロジー社に送ります。

アラインテクノロジー社でデータを元にシュミレーションを作成します。
それが、クリンチェックと呼ばれているものです。
動画として見ることができます。

どのような手順で歯を動かすのか。
何個のアライナーが必要なのか。
どれだけ、IPRを行うのか。
遠心移動、側方拡大はどれくれい行うのか。
完成の予想は患者さんの満足のいくものか。

クリンチェックをより正確なものにするには、担当のドクターが細かく修正を加える必要があります。
何度かアラインテクノロジーとやり取りをし、クリンチェックをより精度の高いものにしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA