インビザライン アタッチメント

インビザライン治療を行うにあたって、歯の表面に突起をつけることがあります。
歯の表面につける突起のことをアタッチメントといいます。
アタッチメントをつける目的として、アライナーとの適合を上げ、歯をしっかりと動かすことができます。

アタッチメントにも種類があります。
大きく分けて通常アタッチメント最適アタッチメントがあります。
通常アタッチメントは比較的大きめの形をしていて、しっかりと動こかすことを目的としています。
一方、最適アタッチメントは小さめで特徴的な形をしています。
そのため、より細かな動きを可能にします。
どちらのアタッチメントにするかは歯にどのような動きをしてほしいかによります。

しかし、アタッチメントをつけると若干、慣れるまでは口の中に違和感があります。
アライナーの付け外しも、時間がかかることもあります。
よりよく歯をうごかすために必要なものだと思っていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA